入園料無料(笑)猫のアトラクションで遊んだ後は美味しい料理を!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニャンともVSデオトイレ
2010年06月08日 (火) | 編集 |
猫トイレのお話。

今の家では「花王のニャンとも清潔トイレ」を使っています。
アイボリードームタイプのものです。


実家では「ユニチャームのデオトイレ」を使っています。
ハーフカバーの緑色タイプです。
今でもたまに実家にモコを連れて行ってます。


代表的な二つのシステムトイレを使ってみていいところ、悪いところがあります。


詳細は続きで………





●色と形
ニャンともの方は、アイボリーとブラウンでインテリアに馴染む色合い。
どちらの色もドームタイプ、オープンタイプともにあるのが嬉しい。




デオトイレの方は、スライドオーオープン型フードは水色。
ハーフカバーは緑と決まっていて選べない感じ。


私が今の家と実家とそれぞれ購入した理由の一番が色と形でした。
今の家は白が合う!  実家は緑が合う!と言った感じ。


●砂
ニャンともは2種類のみ。
おススメはあまり飛び散らない大粒タイプ。
何日か使っているうちに、一粒一粒が膨張しぼろぼろとした感じになります。
なので、砂もこまめに処分が必要です。



デオトイレは種類豊富で、4リットルのお徳用もあっていい感じです。
緑茶成分入りタイプ以外は結構飛び散ります。
なので、おススメは緑茶成分入りタイプ!
丸くて白色のものは、飛び散るうえに、
部屋に飛び散った粒で猫が遊びだしてしまったので、大失敗でした。




●マット、シート
どちらも似たような作りで、週1回の交換が目安。

ニャンともはマットタイプ。
引き出しにマットを2枚敷きこむ感じ。
付属のスコップで挟んで処理できるところが手を汚さず画期的です!
マットと言っても、処理する際には小さく折ることもできるので思ったほどかさばりません。

うちの子は、手前側しか使わないので、
マットの交換が少なく済んでいます(^^)




デオトイレはシートタイプ。
素手で処理するには、大変な時があります(笑)
あと、処分する際の感触もあまりよろしくないです…。
引き出しが前後入れ替えれますが、
その際にシートが動いたりするので他の部分まで汚れちゃう傾向あり。




●値段
値段はデオトイレの方が若干割安です。

ですが、始めだけはキャッシュバックキャンペーンをやってるニャンともがお得かも。
参考URL 花王 ニャンとも清潔トイレ キャッシュバックキャンペーン!
       http://www.kao.co.jp/nyantomo/cp/cb/


でも、消耗品なので長く使うことを考えるとデオトイレの方が安く済みます。


結果的に私のおすすめの猫トイレは「花王のニャンとも清潔トイレ」です!!!
もひとつ言うと、ニャンとも清潔トイレに、
デオトイレの緑茶成分入りタイプの砂、ニャンとものマットを使ういいと思います。


DVC00061_ed.jpg

最後に、トイレの上に乗ってるモコ。

この写真で見るとみょーにしっぽが太い…(>_<)
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。